和歌山の外構・エクステリア・ガーデンのことなら
マチデコラボまでお気軽にご相談ください。

MenuClose
お問合せ 無料相談会

ガーデン・エクステリア(外構)ブログStaff Blog

おすすめシンボルツリー⑩

植栽

おすすめシンボルツリー第10弾です( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

マチデコラボ ガーデンデザイナーの小嶋です。

 

今回はオーストラリアの木立するシダの仲間、ディクソニアをご紹介します。

 

シダの仲間ですが、水切れにも強く寒さにも強いおすすめのシンボルツリーです。

 

ディクソニア アンタルクティカ

タカワラビ科 ディクソニア属 Dicksonia antarctica

常緑シダ類

原産地 オーストラリア ニュージーランド

耐寒性 -5℃まで

 

 

このディクソニアですが、オーストラリアからこの状態で輸入されます。

根もなく途中で切られた状態です。

この状態で日影に置き、水をかけていれば1年くらい生きているほど強い植物で

す。

圃場に届いたら、植木鉢に植えて1、2年ほど養生します。

1年経てばしっかりと根鉢が出来るので、植栽しても安心です( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

そのまま植えても大丈夫だと思うのですが、念のため養生します。

植え込むときの用土は、排水がよく水持ちの良い用土で植えます。

植え込んだら全体に水を掛けてあげます。

 

このディクソニアですが、

何年か前にマチデコラボ エクステリアディレクターの小林と植えました。

植えてて分かったのですが、ムチャクチャ重たいんです。

小さいのはいいのですが、幹高1.2mを超えてくると豹変します。

1.5mにもなると限界です。

中に1.8mが3本あったのですが、 2人で持っても限界でした( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

大きいのを植栽する際はクレーン等を使用することをオススメします笑

植栽する際は直射日光がきついと葉焼けするので、少し日陰か

サイズの小さいものは高木の下に植えてあげると調子がいいです。

 

 

 

 

こんな感じでグリ石との相性もいいので、色々な植栽に合わせられます。

雑木やアカマツと合わせて、和な感じでも

ユッカ やアガベ と合わせて、ドライな感じでも

アカシアやバンクシアと合わせてオージーな感じにも

 

 

今回は色々な植栽に使えるディクソニアのご紹介でした( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

 

 

 

 

 

小嶋 邦彦
この記事を書いた人
小嶋 邦彦
スタッフ紹介
代表取締役・ガーデンデザイナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

その他のガーデン・エクステリアブログ

Read More

どうも…小林です…パート㉖

植栽
Read More

マチデコラボDiary24

その他
Read More

おすすめPlants20

その他
Read More

エクステリア用語解説⑪

ガーデンエクステリア
Read More

どうも…小林です…パート㉕

植栽
Read More

マチデコラボDiary23

その他
外構・エクステリア・ガーデンに関することなら!お問合せフォームよりお気軽にご相談外構・エクステリア・ガーデンに関することなら!お問合せフォームよりお気軽にご相談 外構・エクステリアのプロに直接相談できます!無料相談会お申込み(対面・オンライン)外構・エクステリアのプロに直接相談できます!無料相談会お申込み(対面・オンライン)